HOME>イチオシ情報>車の運転免許取得の際に活用したい合宿免許の一日の流れとは

車の運転免許取得の際に活用したい合宿免許の一日の流れとは

ミニカー

気になる!合宿中の食事について

若い人の数が少なくなって来ていることから、自動車学校などでは生徒を集めるために、四苦八苦している所が多くなっています。そのため人口減が激しくなっている地方の自動車学校では、生徒集約にいろいろな対策を打ち出す必要に迫られています。その対策の一つに、都市部から生徒を集める方法の合宿免許と言われるものがあります。短期間で、安い費用で、寝泊りする場所も提供し、更には美味しい食事を提供することで、生徒を確保する方法です。生徒がゼロでは、一銭の収入になりませんが、生徒が一人でもいることで収入に繋がることで、学校の収益が上がることになります。生徒を多く集めるには、地方の特色を出すことも魅力の一つになります。そこには地方でしか取ることの出来ない食材を集め、生徒さんを歓待する方法も取られています。

教習車

自由時間は十分にプライベートが楽しめる

合宿免許と言われるものは、短期間で自動車免許を取得することが目的ですが、一日中授業を行っている訳ではありません。授業の関係から、日中でも空時間が出来ることもあり、プライベートな時間もたくさんあります。いろいろな地方から人が集まって来ることが多く、新しく友達が出来る場にもなっています。そんなことから、恋愛に発展する場合もあるようです。また、休日になると旅行気分を味わうことも可能になっています。例えば、冬の北海道での合宿を経験した人は、スキーやボードを楽しむことも可能で、夏の沖縄ではダイビングと言った海の醍醐味を味わうことも可能となっています。それぞれの土地柄で、いろいろな経験を積むことも出来る楽しみが持てることになるのでしょう。